他人の意見に流されながらポケモンのパーティーを作っていく――そんな妙な試みをしています。まずはすぐ下のRead Meをご覧下さい。
by to_far_away_place
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:日記( 386 )

試験終わったー。&告知

どうも、やっと試験が終わりました。
「これで全てのしがらみから解放された!」とウキウキしていたらただひとつ俺には残されたことがありました。
そう、すっかりご無沙汰のヤツです。














血尿です。

いや、いや、出てはいないですよ!(゚Д゚;)
でもですねー、やっぱ一時期とはいえ腎臓が侵されていたわけですから、定期健診が必要なんです。
面倒くさいですねー。
定期健診といっても、尿検査するだけなんですけど。
もう本当にそれだけですし、もうヤツは出てくる気配すらないので、俺は「行かなくてもいいかなー」と思っていたんですが、今日母に病院へ行くように命じられてしまいました。
いつまでヤツは俺の生活を脅かすつもりなのか。
俺が通っていた泌尿器科の病院は意外と遠くて、夏は自転車で通っていたものの、冬はバスで行かなければいけません。
実は雪が積もってから俺は1度も行っていなかったので、バスで行くのは今回が初めてです。
母に「○○で14:44に乗れば行けるよ」と言われたので、俺は嘆息しつつも出かけました。

そして15分後――

バスは病院と全く違う方向にある発寒イオンショッピングセンターに向けて爆走していました。(゚Д゚;)
「ずいぶん遠回りして行くんだなぁ」とのほほんと構えていたらいつのまにか遠回りとはいえないくらいに目的地と離れていました。
深川へ行こうとして東室蘭まで行ってしまったことがある俺はあの日の再来を感じて涙を零しそうになりました。_| ̄|○
まあ、今回は早く間違いに気づいたわけですし、いくらかの進歩が垣間見えます。
どうせなら間違えないトコまで進歩したかった!
そそくさと地下鉄宮の沢駅で降車。
心も身体も寒いです。
ここから地下鉄で帰ってもよかったのですが、なんだか癪だったので15分待って再びバスに乗りました。
こうして戻ってきたのは地下鉄琴似駅。
時刻は15時をゆうに過ぎていました。
病院の受付は16時までなので、もう行くのは断念しました。(つA`)
早い、早すぎるよ、受付!
さて、帰ろうと外に出ると猛吹雪が俺の行く手を阻みました。
本日2度目の涙を零しそうになりました。(泣いてないけど)
家に着いた頃、俺は大した距離を歩いていないのに身体がくたくたになっていました・・・・・・。

そして――

母「ごめん、14:44は宮の沢行きだった」

俺の間違いじゃなかったのが本日唯一の救いでした。_| ̄|○

         ★          ★          ★

それと告知です。
もうめっきりコメントもなくなっちゃって、見ている方はほとんどいないので、日記の更新はmixiのみにしようかと思います。
あまりいないとは思いますが俺の日記を見たい方はmixiにて会いましょう。
なお、mixiは会員制なので、登録が必要になっちゃいます。
見たい方は俺にメール(to_far_away_place@hotmail.com)をくれれば、紹介のメールを送りますのでどうぞ。
ってmixiの回し者か、俺は。
もう登録している方はニックネーム「りょーた@ながれ」で検索してください。
俺しか検索に引っかかりませんので。
長い間、ご愛読ありがとうございました!(mixiで続くけどね)
それではまたどこかで。(・ω・)ノ
[PR]
by to_far_away_place | 2007-02-15 00:20 | 日記

3年振り!

本日、普通自動車免許の更新をしてきました!
免許の更新はかねてからの願いだったので、嬉しかったです。
何でかって、今までの免許の写真ではものすごい間抜け面を晒していたのです。(つA`)

そう・・・・・・忘れもしません。
3年前の4月1日――俺は免許センターで免許に貼り付ける写真を撮ってもらいました。
そのときに写真を撮る係りだったおっさんは「ハーイ、ここ見てねー」と言って写真機のレンズの上を指差しました。
俺は疑うこともなくレンズの上を凝視。
もちろん出来上がった写真には明後日の方向を見上げる間抜け面の俺が映っていました。○| ̄|_
おっさん、明らかに見ている場所違うんだから、撮り直してあげるくらいのサービス精神見せてくれよ・・・・・・。
その後、俺の免許はことごとく笑われ続けました。
断じて俺は悪くない。
・・・・・・普通はレンズを見るかなぁ・・・・・・。
何はともあれ、今日という日を迎えられたのは本当によかったです。
しっかりとカメラが恥ずかしがるほどにレンズを凝視してやりました。
おかげさまで、今度こそ真っ当な免許証が出来上がりました。
いやー、よかった。
でも、安全運転講習2時間は長いと思うんだ・・・・・・。
この試験前の忙しい時期に・・・・・・。(つA`)
なお、今までの免許証は即刻処分したので、「見せろ」と言ってもありません。(笑)
[PR]
by to_far_away_place | 2007-01-28 23:28 | 日記

大学での一コマ

友A「そういや、センター試験終わったねー。お前の弟どうだったの?」

俺「英語が傾向変わって大変だったみたいよ」

友A「へえ、変わったのかー」

友B「しっかし、センター試験ほど過酷な試験もないよな」

友A「ああ、全くだ」

俺「え、どの辺が?(・ω・)」

友B「そりゃあ、あの日程で試験・・・・・・。・・・・・・お前、もしかしてセンター試験受けたことない?」

俺「ない(・ω・)」

友A「・・・・・・」(超白い目線)

友B「・・・・・・」(同じく白すぎる目線)

俺「え、え、何!?」

友A「死んじゃえばいいんだ」

友B「くたばっちまえ」

俺「えー!?(゚д゚;)」

僕はどこに行ってもこういう扱いです。(つA`)
(ちなみに俺は公募推薦で入学したので受けませんでした)
[PR]
by to_far_away_place | 2007-01-22 17:31 | 日記

救われない!

あと2週間と少しで後期定期試験が始まります。
毎年毎年、このシーズンは干からびたもやしのような状態になっています。
ただでさえもやしみたいなので、切実な問題です。
最近は大学に残って勉強し、最終バスで帰ってくるというライフスタイルが定番になっています。
これがあと2週間以上続くと思うと、げんなりします。
しかし、試験が始まる日、俺のげんなり度は更なる高みへ達します。
「試験がもうすぐ終わるぜ、ハッピッピー」なんて気持ちは皆無に等しくなります。
なぜなら――















試験が始まる2月5日は俺の誕生日だから。

誰も祝ってくれないの。(つA`)
まあ、これが1年のときからですよ。
もう3年目ですね。
周りの人間はみんな試験のことで頭がいっぱい。
俺の記念すべきバースデーなんか脳の片隅にもありません。○| ̄|_
そもそも、俺の生まれた2月5日というのはあまりいい日に思えません。

小学生のとき、ある女の子がいました。
彼女はちょっと変わっていて(謙遜した表現ですが、本当はちょっとどころじゃありません)、貸したえんぴつをかじったり、毎度給食の時間にパックに入ったソースを盗んだり・・・・・・あとは・・・・・・は、ハナクソを食べたり・・・・・・。
まあ、とにかく昔々あるところにそんな変わった娘がいまして、なんとその娘は俺と同じ誕生日――2月5日だったのです。
俺はそんな変わった娘と同じ誕生日だったせいで、あくどい友だちに「絶対あいつお前のこと好きだから。誕生日同じなんだから」とからかわれ続け、小学生という青春時代を悲しく過ごす破目になったわけです。
それに感化されたのか、あのやろう、俺の箸箱盗みやがった。○| ̄|_
まあ、苦々しい思い出です。(笑)
もちろん「それは俺の箸箱だ」とは名乗り出ませんでしたが。

そんなわけで、2月5日は俺にとってあまりいい日ではないみたいです。
バレンタインなんて辛く悲しいイベントも目の前ですし。
さて、筆を置く前に、ひとつ主張させてください。

2月5日は俺の誕生日ですから!よろしくお願いします!
[PR]
by to_far_away_place | 2007-01-18 00:47 | 日記

髪染め

すっごく久々に髪の毛を染めました。
茶色です、茶色。
いや、別に黒でもいいんですけどね・・・・・・なんていうか、その・・・・・・――

白髪が気になって。○| ̄|_

鏡の前に立つたびに、「うちの洗面所は蛍光灯の灯りが強いから目立つんだ!」と自分に言い聞かせ続けてきましたが、つい先日友だちに

「お前、白髪多いなぁ」

と我が家の洗面所ではない場所で言われ、ついに染めました。(´・ω・`)
でも、メンズビゲンとか本家白髪染めは使いませんでした。
20歳で白髪染め使うのはなんか悔しいじゃないですか!(つA`)
たぶん茶色に染めるのは今回が最後です。
来年度からは病院実習やら就活やら始まりますからね。
最後の茶髪を謳歌することにします。ヽ(゚∀゚)人(゚∀゚)ノ
(いや、もちろん留年したら話は別だけどネ・・・・・・)
[PR]
by to_far_away_place | 2007-01-12 23:15 | 日記

タダイマー。

少しばかり遅いですが、明けましておめでとうございます。
今年もゆるーく生きていくのでよろしくお願いします。
31日から地元に帰っていました。
ケータイからの更新が面倒だったので、何も書かずにいました。
ごめんなさい。m(_ _)m
さて、久々なので今回の年越しの話でも書きます。

例年、俺は友だちと年越しをします。
午前0時には神社に行っておみくじを引いています。
今回もそうなるはず・・・・・・だったのですが、急遽それは中止になりました。(´・ω・`)
飲み屋さんがどこも予約でいっぱいだったのです。
別に俺は飲み屋さんに行かなくてもよかったのですが、いつのまにか「飲み会ができないなら年越しをしない」という方向に話が進んでいました。
で、暇になってしまった俺は友だちにメールをしました。

俺「暇だー」

友「お前飲み会じゃなかったのか?」

俺「なくなったー。遊ぼうぜーい」

友「大晦日は忙しいんだ。悪いな」

と、まあ、こんな感じで俺は友だち数名に振られ続けました。(つA`)
結局、俺はせっかく地元に帰ってきたというのに、ふてくされながら家でNHKでやってしまったDJOZMAを見ていました。
ひとりで過ごす大晦日がこんなにも退屈だったとは思いもしませんでした。
そして、だらだらと過ごして2時に就寝。
翌朝、9時頃に起床。
階下にて祖父母に新年の挨拶をし、お雑煮と昆布巻きを食べました。
ああ、これぞ正月。
前日に振られまくって悔しかった俺は年賀メールに返事はするものの自ら進んで友だちを遊びに誘いませんでした。
「きっと、誰かが俺を連れ出してくれるはず!」――そう信じて我慢をし続けました。

・・・・・・昼を過ぎても来るのは年賀メールばかりでした。(´・ω・`)
そして、ついに祖母が俺に言いました。

祖母「あんた、留萌に戻ってきて何をしているの?」

このとき、俺は4つ目のみかんを食べていました。('A`)
さらに、母が電話をかけてきて、「あけましておめでとう」も言わずに――

母「あんた、何しに帰ったの?婆ちゃんが『友だちいないんじゃないか』って心配しているよ?早く遊びに行きなさい」

ついに友だちがいないことになってしまった俺。(つA`)
しかし、遊びに行けと怒られるのも変な気分です。
いたたまれなくなった俺は祖母に「友だちの家に言ってくる」と告げてTSUTAYAに向かいました。
正直な話、用はまったくない。('A`)
そして、観念して友だちにメールを打ちました。

俺「あそぼー・・・・・・」

友「じゃあ、15時に○○の家に集合な」

婆ちゃん・・・・・・俺にも友だちができたよ・・・・・・。

この後、今日まで俺は連日遊ぶことになりましたとさ。
というわけで、どうか皆さん今年も俺の友だちでいてください。(笑)
[PR]
by to_far_away_place | 2007-01-07 22:16 | 日記

薬局見学

以前、11月12日の日記に薬局の人事の方に飲み会に誘われたことを書きました。
1週間後にはそんな話は忘却の彼方に置き去りにされていました。
ところが、今月の初旬に見知らぬ番号から電話が。
疑問に思いつつ、通話ボタンを押すと――

「こんばんは、○○薬局の△△です」

忘れていたああああああ!(゚д゚;)

「前言った通り、薬局見学も含めて飲み会したいんだけどどうかな」

「あ、はい、ぜひ」(←実はあまり乗り気じゃない)

「日程はそっちで決めちゃっていいから」

「分かりました」(←「めんどくせー」とか思っている)

文科省の意向により、薬学部が6年制に移行した現在、薬剤師の就職先は非常に豊富となっています。
なぜなら、俺たちの次の代で4年制で卒業する人間は最後なので、その後2年間は新しい薬剤師がほとんど生まれないんです。
ですから、薬局や病院はその2年を埋めるが如く、積極的に薬剤師募集を行っているというわけ。
俺みたいな4年制卒業の人間からしてみれば、就職活動がのんびり出来て、就職先もより取り見取りなのでありがたい話ですが、薬局やドラッグストアの人事担当の人はとても大変らしいです。

そういう事情もあっての今回の話。
無下にするのも悪いですし、就職先の候補でもあるので、重い腰をあげて昨日行ってきました。
ついてきてくれた友だちには謝々です。

まずは薬局見学。
そこは予想していた薬局より遥かにでかく、様々な設備が整っていました。
併設されていたデイサービスの施設も見せてもらい、「こんなふうになっているのか」と感心しました。
思わぬところで休み明けのレポートに活用できるネタを発見しました。
そんなこんなで見学終了。
見学したってだけで自分はもう就職活動をしているんだという優越感に浸ってしまうのは俺だけでしょうか。(´・ω・`)
その後、応接室で待つように言われ、ボーっとしていると例の人事の人がやってきました。

「さあ、食事に行こうか」

俺と友だちは顔を見合わせて「やっぱ行くのか・・・・・・」と嘆息しました。
しかし、薬局に勤めている先輩も一緒に来たこともあり、食事は楽しかったです。
えび天重美味かったですし。
ただ、俺はビールがあまり飲めないのですが、人事の人が中ジョッキを注文してしまったので、飲むはめに。
「ああ、これが上司に酒を勧められる部下の気分か」と妙に冷静な感想を抱きつつ、何とか飲み干しました。ゲフッ。
俺、炭酸苦手なんだって。○| ̄|_
その後、先輩と友だちとすすきのに遊びに行くことになりました。
そこで俺たちが行った場所は・・・・・・キャバクラ。
ついに行くことになってしまったのです。
12月20日に断ったものの、そのがわずか1週間で行くことになろうとは誰が予想したでしょうか。
そこで起きたこととは・・・・・・!














割愛。(・ω・)

だって、日記長く書きすぎて疲れたざんす。(つA`)
これ書くとさらに長く・・・・・・。
要望があればそのうち書きます。(笑)
というわけで、今日の日記は以上ですたい。m(_ _)m
[PR]
by to_far_away_place | 2006-12-28 15:08 | 日記

祭りのあと

一昨日から今日まで友だち4人と遊びまくりました。
もちろん、男のみ。
1人、彼女がいるのにこっちに参加したやつもいました。
彼曰く「クリスマスだからとか記念日だからとかで騒ぐのが阿呆くさい」だそうです。
その後、「怒られる」と言いながら、彼女に謝罪メールを送っていましたが。(゚д゚;)
街を散々ふらつき、カラオケに入り浸り、ボーリングで歓声をあげ、そして寂しく杯を交わしました。
歩いていると、カップルばかりってわけでもなく、俺らのように同性の友だちだけで行動しているグループも結構いました。
まあ、もちろんカップルの方が多いんですが。
あ、それとクリスマス・イヴの夜の地下鉄は驚くほど人が少なかったです。
いつも大通駅から出るときはすごい人なのに、あまり人がいないんです。
ススキノとかで一夜を明かすからでしょうか?
ここまで顕著にクリスマス効果が出るとは・・・・・・うーん、やっぱり札幌は地元と違うなぁ。(笑)
その後は友だちの家々を転々とし、明け方まで話をして、そして昼まで寝るという堕落した生活を送っていました。
睡眠はしっかりとったのですが、やはりこれだけ遊ぶと疲れました。
自宅で寝るのが何よりの休養ですね。
31日に帰省しますから、それまでは遊んだ分だけ勉強をしなければ。
[PR]
by to_far_away_place | 2006-12-25 14:52 | 日記

ニシエヒガシエ

今日は大学のセミナーの納会でした。
とても楽しく、また予算よりも安く済んでよかったです。(*゚▽゚)ノ
多めにお金を出してくれた2人の先生には感謝感謝です。
帰りには友だちに誘われて、危うく人生初のキャバクラを体験するところでした。
二十歳の僕には刺激が強すぎます。
でも、案外安いんだなぁ。(ボソボソ)
帰りはJRだったので、友だちと共に札幌駅まで歩きました。
そのときにふと気づいたこと!

俺はとんでもない方向音痴だった!

大通りの地下から地上に出ると、もうちんぷんかんぷん。
ケータイを開いて、札幌駅の住所である「南5条東2」のメモを見てもサッパリ。
小樽方面に済んでいる友だちに頼る羽目になりました。(´・ω・`)
結局、札幌駅前の店舗「かに将軍」の看板を見つけて、やっと自分が札幌駅に向かっていることを確信できました。
もうこっちに来て3年目なのになぁ・・・・・・。
そういえば、1年以上前に地元の友だちが札幌に来たときも全く案内できなかったっけ。
・・・・・・あれから全く進歩がない僕です。
[PR]
by to_far_away_place | 2006-12-20 00:10 | 日記

青森旅行記

15日と16日に青森県の弘前市へ行ってきました。
青森県といえば、林檎が名物。
何とホテルのロビーには林檎が売っているんです!
林檎以外は売っていません。(笑)
1個100円でした。
弘前市は札幌市より南にあるだけあって少し暖かく、雪も積もっていませんでした。
北海道冬仕様の装備だと若干暑かったです。(´・ω・`)
大ちゃんとは16時ちょっと過ぎにデパートの前で合流しました。
その後、弘前市内を色々と案内してもらいました。
途中でイトーヨーカドーのフードコートに入り、「やきもち」っていうおやつを食べたのですが、これがとても美味かったです。
ただ、特に青森名物というわけではありません。(・ω・;)
それと、そこのフードコートの自動販売機で買ったオレンジジュースはとても薄く、水とほとんど変わりませんでした。(´・ω・`)
最初に口にしたとき、さっきまで噛んでいたガムのせいで甘さがあまり感じられないのかと思ったので、大ちゃんにも飲んでもらってみたら――

「薄いね」

やっぱり、そうだよね。○| ̄|_
自動販売機の管理がどこのテナントの管轄なのか分からず、結局90円を損しました。
アップルジュースを飲めという青森県の反抗でしょうか。
その後、色々な話をしつつ、弘前駅前をふらつきました。
夕食は大ちゃんオススメのパスタのお店でとりました。
どんなサイズを頼んでも同じ値段というお得なお店で、俺はクリームスパゲティを食べました。
大ちゃんは「札幌にもこの店あるよ」と言っていたので、今度探してみようと思います。
ホテルに戻った後は特にすることもないので、すぐに寝ました。
翌日、弟を受験に送り出した後、ホテルをチェックアウトして、弘前駅でお土産を買いました。
これまた大ちゃんのオススメ品「青い花のスウィートポテト」を購入。
名前の割に特に青くはないです。(´・ω・`)
昨日、だーしゅいやワカバ、夜が遊びに来たので、そのときに皆で食べました。
とても美味でした。他にもいくつかお土産を購入。
明日の大学の飲み会にも持っていきますので、お楽しみに。
最後に大ちゃんとすき屋にいってハーブチーズ牛丼を食べました。
これが青森県での最後の食事となりました。
大ちゃんの見送りを受けて、札幌へ帰りました。(*゚▽゚)

・・・・・・大ちゃん、旅行の日記を書くと本当に食べ物ことばかりになるね・・・・・・。(笑)

ちなみに今は自分用のお土産、せんべいシューというのを食べています。
これまた、美味なり。
[PR]
by to_far_away_place | 2006-12-18 19:06 | 日記