他人の意見に流されながらポケモンのパーティーを作っていく――そんな妙な試みをしています。まずはすぐ下のRead Meをご覧下さい。
by to_far_away_place
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最近の音楽事情

昨日、母が焼肉を奢ってくれるというので、行ってきました。
4人で行ったのに、3割引で5800円という安さでした。
ごちごちー。

そのついでに近くにあったGEOに行ってきました。
暇だしCD借りようかなぁって思いまして。
ラルクのLinkとかaikoのキラキラとかGOING UNDER GROUNDのきらりとかシングルを10枚ほど選んだ後、アルバムをちょっと見てみました。
最近、よくスピッツの唄を聴いています。
いや、今までもよく聴いていたんですけど、最近はさらに。
俺にとっての原点回帰なのか、やっぱりスピッツは聴いていてすごく心地がいいです。
最近はボーっとしながら、色々考えてしまうのでそんなときにスピッツの唄を聴いていると不意に意味もなく切なくなります。
いや、実は意味はありますけど。
どんな意味かは秘密です。
でも、俺ってあまりスピッツの昔の唄って聴いたことがなかったんです。
興味はもちろんあったんですけど、あまり聴く機会がなかったんですね。
スピッツのいい意味でも悪い意味でもターニングポイントとも言えるRECYCLEの発表以前で聴いたことのあるアルバムは花鳥風月とインディゴ地平線とスピッツだけでしたから。
俺もまだまだコアじゃないです。
というわけで、今回はスピッツのアルバムを1枚借りることに。
やっぱり、ここは数多いアルバムの中でも1番ヒットしたハチミツでしょう。
その他に、オムニバスのコーナーでシンクロナイズド・ロッカーズというThe pillowsのカバー・アルバムを借りました。
ただ、BUMP OF CHICKENがハイブリッド・レインボウという唄で参加しているというそれだけの理由です、すみません。

家に帰ってさっそくパソコンに録音です。
シングルのレビューは面倒なので省きます!
ハチミツは噂どおりすごく完成度が高かったです。
このアルバムは大ヒットシングルのロビンソンを収録しているのですが、他の唄も粒揃い。
特に愛のことばはそれ単体ではチープな響きなのに、スピッツのかける魔法ですごくカッコよく仕上がっていました。
これは聴き込む価値ありますよ!
ハイブリッド・レインボウも静かなメロディーの中でBUMP OF CHICKENらしくアレンジしてありました。
ただの真似じゃなくて、藤原基央の唄い方はやっぱりそのままで、これがカバーっていうのかなぁ、なんてしみじみ思いました。
スピッツのカバー・アルバム、一期一会はあまりいい出来じゃなかったので。(つA`)
猫になりたいは良かったですけど。
ま、ハイブリッド・レインボウの原曲聴いたことないんですけどね。
それにしても、The pillowsの作る唄って独特のタイトルが多いです。
まだあまり聴き込んでいないのですけど、歌詞をもうちょっと気にしながら聴いてみたら意外と面白いかもしれないです。

ハチミツ
スピッツ 草野正宗 笹路正徳 / ユニバーサルJ
ISBN : B00006HBF3
スコア選択: ※※※※※

シンクロナイズド・ロッカーズ
オムニバス ストレイテナー Sawao Yamanaka ELLEGARDEN The ピーズ with クハラカズユキ noodles YO-KING 佐藤竹善 / キングレコード
ISBN : B0002IE2HC
スコア選択: ※※※※
[PR]
by to_far_away_place | 2005-09-16 02:31 | 日記