やっぱり小説スタイルは面倒くさい。

そして、俺は歯医者に行くことになりました。
歯医者に行くのなんてかなり久々のことでしたが、外れたものを被せるだけだと思っていたので、あまり恐れることはありません。
ただ、初めて行く歯科医院だったので、それなりに緊張はしました。

予約をしてあったので、すぐに呼ばれました。
中は今まで俺が行った歯科医院の中で1番広かったです。
ちょっと待って出てきたのは女の先生でした。
俺は今まで男の先生にしか見てもらったことがないのです。
珍しいですよね。
歯をあんぐり開けると、取れた右下の奥歯以外も全て検査されました。
「C」とか「斜線」とか、意味が分からない言葉が続きます。
意味は分からないが、何だか不安になる時間ですよね。
そして、検査が終わり――

「歯垢が多いですね」

('A`)

これでも歯磨いてきたのですが。

「後で歯磨き指導しますね」

20間近で歯磨き指導される男ここに有り。

さらに――

「前歯が虫歯になりかけていますね」

ちっとも痛くないのに。○| ̄|_

そして、さらに!

「抜けたトコなのですが、金具の下で虫歯がかなり進行していてひどい状態ですよ」

そ、それって仕方ないんじゃ・・・・・・。( ̄▽ ̄;)

「とりあえず、麻酔かけて削りますね。もしかしたら、神経を抜くかもしれません」

そ、そんな・・・・・・。
何で・・・・・・何で・・・・・・!!

1回治療したのに!?

ゴリゴリゴリギュンガガ!

ギャアアア!!

凄惨でした。惨憺たるものでした。

神経はその日の判断では抜かなくて済みましたが、来週の火曜日に行ったときに何をされるのか・・・・・・!
あー、行きたくないな・・・・・・。
[PR]
by to_far_away_place | 2005-10-23 00:52 | 日記