他人の意見に流されながらポケモンのパーティーを作っていく――そんな妙な試みをしています。まずはすぐ下のRead Meをご覧下さい。
by to_far_away_place
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

命の値段?

大学の講義に薬剤経済学ってのがあります。
その名のとおり、薬に関わるお金の動きなどを勉強するのですが、倫理的にも考えさせられる科目です。
例えば、Aという薬とBという薬があるとします。
Aの薬は効果が低い分、安価です。
Bは逆で効果が高い分、高価です。
1人の患者に対して、Aの薬を使えば余命が1年伸び、Bを使えば3年伸びます。
普通はお金をかけてでも、Bを選択するでしょう。
でも、もし、その患者が高齢でもう「我が人生に一遍の悔いなし」という老人だとしたら?
余命が2年伸びたところで、生きていく意味を見出せないとしたら?
つまるところ、人間は誰もが家族に負担をかけてまで生きたくないってことです。
極論、価値のある命とない命があります。

・・・・・・冷たい考え方でしょうか?

倫理的に見ればやはり、人間の命の価値は全て平等であり、Bを使うべきなのでしょう。
でも、現実にはAが選択されることも少なくありません。
それは患者本人の希望だったり、その家族の希望だったりします。
Bを選択すれば、2年という命に「Aの値段-Bの値段」という価値が与えられます。
お金で命を買えるんです。

世の中、ドラマで訴えられるような綺麗事ばかりじゃないんですね。
[PR]
by to_far_away_place | 2005-10-17 22:27 | 日記