他人の意見に流されながらポケモンのパーティーを作っていく――そんな妙な試みをしています。まずはすぐ下のRead Meをご覧下さい。
by to_far_away_place
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
Read Me
パーティー
紹介
日記
雑談
以前の記事
2014年 07月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
20代
ゲーム
画像一覧

初競馬!

今日は初めて競馬というものを経験してきました。
友だちに誘われて行ったのですが、最初はあまり乗り気じゃありませんでした。
というのも、俺はギャンブルが滅法弱いんです。
友だちのお金でスロットをやったことがあるのですが、とことんボーナスが来ない!
俺と席を代わった友だちがやってみるとすぐにボーナスが出るのに・・・・・・。
「お前はホント来ないなぁ・・・・・・」と呆れられます。
しかし、今回は友だちの強硬策で行く破目に。
行く直前になって、たまたま家に来ていた父が

「え、競馬行くの?」

と目を輝かせました。
俺の父はほとんどギャンブルはしない人なのですが、たまにやると燃えるみたいで今日がその日でした。
行こうとする俺をわざわざ止めて新聞を相手に悩み始めました。
どうやら俺に馬券を買わせるつもりのようです。
しかし、父のお金でなら俺も楽しめるかと思い、待つことに。
父は20分ほど新聞と睨めっこした後、予想を書いた紙と1万3000円を手渡しました。

「買い方分かるか?」

「友だちが知っているから大丈夫だよ」

そんなやり取りをしていると、ひょっこりと母が顔を出しました。
母はそれを見て、眉を吊り上げました。

「ちょっと、お父さん!そんな大金賭けたらお小遣いなくなるでしょ!」

「え、いや、でも・・・・・・」

「せめて1万円にしなさい!明日も行くんでしょ!?」

「あ、でも、せっかく予想したのに・・・・・・」

「予想し直せばいいでしょ!」

「え、あ、はい・・・・・・」

父弱し。
俺は結局、悩む父に待たされ30分近く遅刻して行きました。
札幌競馬場はとてもでかくて、出店もたくさんあってイメージが少し違いました。

「パチンコよりずっと健全だろ?」

うーん、確かに。
トラックの周りにはふかふかの芝生が植えてあり、そこにはピクニックでもするかのようにシートを敷いた人たちがいて、長閑に弁当を食べたり、新聞を読んだりしていました。
一通り、見学をした後はついに馬券の購入。
父の馬券を買い、ついでなので俺も300円だけ出して父と同じ予想で買ってみました。
そして、レーススタート!
とても臨場感があって、馬が目の前を走ったときは「ドドドドド」と地が唸っていました。
うーん、すごい。
とかやっているうちにレース終了。
何の気なしに買っていた馬券は1位2位3位を見事に当てていました。
660円の儲けでした。(`・ω・´)
父はどうやら俺と違ってギャンブルが出来るみたいです。(´・ω・`)
もっと賭ければよかった。
次のレースもやっぱり父の予想は的中。
俺も父と同じ予想にしていたので今度は300円儲けました。(`・ω・´)
俺がちまちまと小遣いを稼いでいる傍らで友だちは悉く外していました・・・・・・。
3レース目は外しました。
万馬券が出た大荒れのレースでした。
父の手堅い予想は外れていました。(´・ω・`)
ここで俺と友だちは帰ることに。
父は残り3レース分の予想もしていたのでその分の馬券も買ってから帰りました。
家に帰ってからレースの結果を見てみると2つは大外れ。
しくじったか、父さん。
最後の1つは、っと・・・・・・。

・・・・・・。

え、ちょ、これ万馬券当たってんじゃん!(゚□゚;)

お父さ~~~~~~ん!!

4万円の儲けが出てしまいました。(゚□゚;)
父さん、すげぇ・・・・・・。
父は大喜び。
母もさっきのことを忘れて大喜び。
大勝ちしたので、さっきまでのレースで勝った分は俺にくれました。
ラッキー。(゚□゚;)
というわけで人生初の競馬でした。
実力ではありませんが、俺も660円勝てて嬉しかったです。(*゚▽゚)
660円の他に臨時収入も入ったわけですし。

唯一、悔やむべくは父のギャンブルのDNAが俺に受け継がれていなかったことです・・・・・・。
[PR]
by to_far_away_place | 2006-09-23 18:18 | 日記