他人の意見に流されながらポケモンのパーティーを作っていく――そんな妙な試みをしています。まずはすぐ下のRead Meをご覧下さい。
by to_far_away_place
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
Read Me
パーティー
紹介
日記
雑談
以前の記事
2014年 07月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
20代
ゲーム
画像一覧

自転車ひき逃げ事件の犯人が捕まったらしいですね。

帰り道、事件のあった場所を通りかかると目撃情報求むの看板がなくなっていました。
でも、道の端っこには花束や蓋の開けられたビールがたくさん置いてあって、この場所で人が死んだってことを再び認識させられました。

犯人は、ぶつかった相手が死んでしまったことを知って自ら出頭したらしいです。
うちのマンションには警察官が各部屋を訪ねて事情聴取をするということになっていたのですが、わずか2日で解決してしまったので我が家には来ませんでした。
やっぱり、警察官が来たりしていれば事件があったことをもっとまざまざと思い知らされていたんだろうなぁと考えてみたりします。
全く見知らぬ人ですけど、やっぱり近所でのことなのでそれはちょっと嫌かもしれません。

たまにニュースとか見ていたら思うんです。
事件があった土地の近所の人に報道関係の人が色々インタビューをして、事件や犯人について訊いている光景が嫌だなぁ、と。
もしかしたら、その事件で心を痛めているかもしれないのに根掘り葉掘り訊いてそれを思い出させられる、ってことがあまり好きになれません。
でも、テレビではそういうのに出ても全然問題ない人がインタビューを受けているのに決まっているんですけど。

「本当に仲のいい親子だったんですけどね」

とか言っていたりしますけど、実際、その家庭の人間でもないその人に何が分かるっていうんでしょうか。
人間関係なんて複雑に絡み合うジャングルのツタのようなものなんですから、知ったふうな顔してそんなこと言われたら関係者は腹が立つと思います。

まあ、別に俺はそう思うだけで関係ないんですがね。

今回はそんな複雑な事情がある事件じゃありませんからそんなことはありません。
そして、俺も部外者で事件との関連性はゼロです。

でも、やっぱり気持ちを考えられる人間でいたいから、寒風の中で揺れる花束と雨が混ざったビールに手を合わせました。
きっと、それは人として当たり前のことだと思うので。
[PR]
by to_far_away_place | 2005-11-11 21:47 | 日記